相続のご相談事例

夫が突然亡くなりました。相続手続きをどのように進めればよいのかわかりません。

更新日:

ご相談

夫が勤務中突然たおれ、帰らぬ人となりました。

私たち夫婦に子はおらず、夫の父は他界しており、夫の母と私が相続人になるようです。お金のことは夫にまかせており、夫の給料から生活費をもらっていたため、相続財産が把握できていません。また、まだ住宅ローンが残っている夫名義で購入した家がどうなるか不安です。私はパートで働いていますが、扶養控除内に勤務を抑えていたため、自分の収入では住宅ローンを払うことはできません。

わたしは何から始めればよいのでしょうか?

まずは、住宅ローンが団体信用生命保険の適用になるか確認を。その後、各金融機関に残高証明書を請求して資産を把握しましょう。

回答

まず一番のご不安でいらっしゃるお住まいのことですが、住宅ローンを支払っている方がお亡くなりになられたら保険金で残りの住宅ローンが支払われる「団体信用生命保険」の適用となるか、借入元の金融機関に確認してください。融資の条件として「団体信用生命保険」加入を求める金融機関がほとんどです。適用の場合は、金融機関のいう通りに書類を整えると、保険会社から直接金融機関に保険金が支払われ、ローンの返済は不要となります。

次に相続財産ですが、まずはお財布のカードや通帳、郵送物をたよりに口座のありそうな銀行や証券会社を確認します。通帳や残高報告書などがみあたらず、残高がわからない場合は「亡くなった日時点で、資産をどれだけ預かっているか」を証明する残高証明書を請求します。なお、旦那さまが亡くなったことを金融機関に伝えると、口座は凍結されますので、連絡のタイミングはご注意下さい。

財産の一覧表(財産目録)を作成できたら、これをもとに相続人であるお義母さまと遺産分割の話し合いをします。お義母さまから、「すべて相談者さまに相続してほしい」というご提示を頂ければよいのですが、そうでない場合は、どのように分割するか決めなければなりません。金融資産は現金化して、法定相続分でわけることが可能ですが問題は家です。

家は、物理的にわけることができないため「共有にする」「売却して現金化する」「相続分を買い取る」のいずれかとなります。引き続き、お住まいになりたい希望がある場合は、どの方法にするか、法定相続分を買い取る場合はいくらとするか話し合いをする必要があるでしょう。

遺産をどう分割するか決まったら、その内容をもとに必要に応じて遺産分割協議書を作成して、不動産の名義変更や、金融機関の相続手続きを進めます。[/st-mybox]

突然配偶者を失くした場合、悲しみもより深く、煩雑な相続手続きを進める気力など、なかなかわかないことかと思います。しかしながら、相続手続きに期限はありませんが、相続税申告には10ヶ月期限があるため、早めに相続財産の全容は把握したほうがよいでしょう。都市部で持ち家があり、相続人が少ない場合は思いもよらず相続税申告の対象となることがあるからです。ご自身で進めるのが難しいと感じられる場合は、どうぞ身近な相続の専門家である司法書士をお頼りください。

このサイトを運営するシルク司法書士事務所は渋谷区にある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

当事務所では、相続や登記の相談を「初回無料」でお受けしております。

「初めてのことなのでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに依頼しようか迷っている」という方は、無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。
「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「遠方なので迷っている」「司法書士に相談するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

お問合せフォーム

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

ご相談事例 一覧へ

-相続のご相談事例
-

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区笹塚の女性司法書士 , 2019 All Rights Reserved.