相続のご相談事例

田舎の叔父の相続登記手続きを進めたいのですが、所有している不動産が不明です

投稿日:

ご相談

 父の実家に住む叔父が亡くなりました。叔父は独身で、父はすでに他界しており私が唯一の相続人です。どうやらいくつか山や畑を持っているようなのですが、私はどこにあるのか把握していません。不動産が不明の場合、どうすればよいでしょうか?

自宅の保管書類を確認の上、自治体(市区町村)に名寄帳を請求しましょう

回答

まず、自宅に以下の書類がないか探しましょう。権利証(登記識別情報)・登記事項証明書・売買契約書は封筒に3点セットで購入時のまま保管されていることが多いです

  • 権利証(登記識別情報)
  • 登記事項証明書
  • 売買契約書
  • 固定資産税納税通知書(市区町村から毎年4月~6月頃に自宅へ郵送で届きます。)

次に、自治体(市区町村)に名寄帳を請求します。名寄帳は自治体が管理する、固定資産税を徴収するため、その人が所有する不動産の一覧表です。この名寄帳を請求することで自治体ごとではありますが、所有する不動産がわかるわけです。日本全国のどこに不動産を持っているか、ということを照会する仕組みは残念ながら存在しないため、どこの自治体に不動産があるかわからないという場合は、自宅のある自治体や実家のある自治体などあたりをつけて請求することになります。

また、通帳にヒントがある場合があります。自治体からの固定資産税を引き落としや、管理会社や組合などからの管理費の引き落としの記録から情報がたどれることがあります。

なお、名寄帳を取り寄せても共有地となっている私道などが非課税のため掲載されていないことがあります。名寄帳に掲載されていない非課税の私道などは、権利証や登記簿の共同担保目録、隣地の所有者確認などを確認していきます。この確認を怠り、所有不動産を見落としてしまうと、後に不動産を処分(売却)したい場合に、再度登記申請をする手間が発生してしまいます。不動産の特定や確認が必要な相続登記は、不動産の専門家である司法書士にご相談下さい。

【初回60分は相談料0円】無料相談をお気軽にご利用下さい!

このサイトを運営するシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

当事務所では、司法書士との面談形式での相続や登記の相談を「初回60分相談料0円」でお受けしております。

「初めてのことなどでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂きご検討頂けばと思います。
「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「遠方なので迷っている」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

お問合せフォーム

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

ご相談事例 一覧へ

-相続のご相談事例
-

Copyright© シルク司法書士事務所|東京都渋谷区の女性司法書士 , 2019 All Rights Reserved.