用語解説

公証人と公証役場

更新日:

公証人とは

公証人は,国の公務である公証事務を担う公務員です。公務員ではありますが、給与などは発生せず、収入は国が定めた手数料となります。公証人は,法務局に所属して,法務局の管轄区域内に公証役場を設置して事務を行っており、全国に約500名,公証役場は約300ヶ所存在します。公証人は、裁判官・検察官・弁護士など、長年法律関係の仕事をしていた人の中から法務大臣が任命することで就任します。

公証人の仕事

公証人が取り扱うのは、大きく分けて以下の3つの業務となります。

  • 公正証書の作成
  • 認証の付与(署名、署名押印又は記名押印の真正が証明すること)
  • 確定日付の付与(文書の日付を確定し、文書がその日に存在することを証明すること)

公正証書とは

公正証書は、公証人が作成する公文書のことです。公正証書は、当事者の意思に基づいて作成されたものであるという強い推定が働きます。さらに、金銭債務についての公正証書は、債務者が公正証書に記載されたことを行わない場合は,直ちに強制執行に服する旨「執行受諾文言」を記載することにより、裁判所に訴えることなく直ちに強制執行をすることができます。

豊富なイラストや図解でよくわかる!【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ戻る

お問合せ・ご相談はお気軽に!

相続・遺言・不動産登記全般についてわからないこと、不安なこと、お手続きの費用のこと、どんな些細なことでも構いません。お問合せには女性司法書士が迅速に、わかりやすく、丁寧にお答えさせて頂きます。下記のお問合せフォームもしくはお電話で遠慮なくお問合せ下さい。
シルク司法書士事務所(東京都渋谷区)
認定司法書士 長谷川絹子 (東京 第5785号 認定第1101063号

詳しいプロフィールはこちら

お問合せ・ご相談はコチラから!

-用語解説

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区 , 2018 All Rights Reserved.