財産分与

財産分与で夫がローンを払い妻が家に住む場合の注意点

更新日:

離婚しても妻が今の家に住み続けるためには

夫婦は離婚するけれども、愛着のある家から離れたくない、子どもの学校のことを考えると引越をしたくない、などの理由から今の家に住み続けるという選択をされる方も多いかと思います。家は夫名義であり、住宅ローンの債務者も夫であるが、妻が住み続けたいという場合、選択肢は以下のようになります。

  1. 家を妻名義にして、ローンの債務者も妻に変更する
  2. 家を妻名義にして、ローンは夫が債務者のまま払い続ける
  3. 家の名義もローンの債務者も夫のまま、妻が住み続ける

1は権利関係としてはすっきりしており、今後元夫婦間でトラブルが生じる可能性は少ないです。しかしながら妻の収入がよほど高いか、ローンの残高がよほど少ないかということでもない限りは、銀行が債務者変更を了承しないためなかなか現実的には難しい選択です。

2は浮気等で夫に離婚の原因がある場合は、妻に対する慰謝料や子に対する慰謝料に相当するものとして、ローンを負担することを選ぶことがあります。妻にとっては望ましいパターンです。なお、住宅ローンを組んでいるにもかかわらず名義変更する際は、名義変更前にかならず金融機関に相談しましょう。ローンを払う債務者に変更はないからと、勝手に名義変更をしてしまうとローン契約違反となってしまい、一括請求される可能性が生じてしまいます。銀行の了承が得られず、すぐに名義変更をすることが難しい場合は、「夫がローンが支払終わったら、妻に名義変更する」という条件付き所有権移転仮登記を検討してもよいでしょう。

3の場合、離婚後は「他人の家に住む」ということになります。妻は住む権利を確保するため、契約関係をしっかり定める必要があります。元夫婦とはいえ賃貸借契約や使用貸借契約(無償での住宅使用を認める契約)を締結するようにしましょう。

夫が今のままの経済状態とは限らない!

上記2,3のように家には住まないが夫がローンを払い続けるという選択をする場合、念頭に置かなくてはならないのは、夫の経済状態が現状維持されるとは限らないということです。そして、一緒に暮らし常に状況を把握しているわけではないので、たいてい「ローンが払えなくなった」という知らせはある日突然やってきます。

ローンの支払いが滞り、所定の回数や期間がたつとローン契約の決まりにより銀行より一括支払いを請求されてしまいます。こうなると、残りのローンを一括支払いをするか、現在住んでいるにもかかわらず家を売却するか、どちらかの選択を迫られるのです。

離婚当時は夫も責任を感じており、子どもへの愛情もあるということで「払い続ける」と約束するでしょう。しかしながら本人の意思に反して、転職やリストラ、病気やケガによる休職、再婚に伴う生活費増などローンが払えなくなる環境の変化が生じれば、どうしても支払うことが困難ということもありえるのです。

このリスクを避ける一番の方法としては、ローンの残高を少しでも減らしておくことです。実家や親族に余裕がある場合は、残高を減らすためのするための資金援助や借入が検討するのがよいでしょう。

妻が連帯保証人になっている場合は最悪自己破産の可能性も

また気を付けなくてはならないのは、夫がローンの債務者ではあるけれど、妻や妻の親族が連帯保証人となっている場合です。離婚したからといって、自動的に連帯保証が外れるということはありません。連帯保証から外れる契約を金融機関としない限りは、連帯保証人のままであり続けるのです。

連帯保証契約では、債務者である夫がローンを支払えない場合、連帯保証人にすべての請求がいきます。家を売却することで、ローンが返済できればまだよいのですが、もし家を売却してもローンが残ってしまうオーバーローン状態の場合は、連帯保証人が残りのローンも支払わなくてはなりません。そして、自らの財産を処分しても残りのローンが支払えない場合は、自己破産も検討しなくてはなりません。

夫がローンを払い妻が家に住むケースでは離婚協議書は公正証書で作成する

このように夫がローンを払い、妻が家に住むというケースではリスクや問題が多く存在します。このため、専門家に相談したうえで、離婚協議書は公正証書で作成するようにしましょう。

豊富なイラストや図解でよくわかる!【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

お問合せ・ご相談はお気軽に!

相続・遺言・不動産登記全般についてわからないこと、不安なこと、お手続きの費用のこと、どんな些細なことでも構いません。お問合せには女性司法書士が迅速に、わかりやすく、丁寧にお答えさせて頂きます。下記のお問合せフォームもしくはお電話で遠慮なくお問合せ下さい。皆様からのお問合せお待ちしております。 
シルク司法書士事務所(東京都渋谷区)
認定司法書士 長谷川絹子 (東京 第5785号 認定第1101063号

詳しいプロフィールはこちら

-財産分与
-,

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区 , 2018 All Rights Reserved.