相続・遺言の疑問

亡くなった母の遺言書らしき物が複数でてきました。どれが正しいものなのでしょうか?

更新日:

ご相談

実家に住んでいた母が亡くなりました。遺言書がないか自宅を確認したところ、公正証書の遺言、直筆で書かれた遺言、メモのような遺言の3通が出てきてしまいました。どれが正しいのか、どう扱えばよいのでしょうか?

原則は、新しい日付ものが有効となります。遺言の要件を満たしているか確認しましょう。

回答

遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができます。(民法1022条)たとえ公正証書で遺言を残したとしても、自筆証書で新しい遺言を作成した場合は、日付が新しいものが有効となります。

そして、前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなします。(民法1023条)。日付の古い公正証書遺言には「自宅およびすべての預貯金は長女へ相続させる」とあり、日付の新しい自筆証書遺言が「自宅は長男へ相続させる」とだけあった場合は、自宅の相続に関してのみ前の遺言を撤回したことになり、「自宅は長男、預貯金は長女が相続」することになります。

ただし遺言は、「遺言の方式に従って」とある通り、遺言の以下の要件を満たしている必要があります。

1.遺言を残す人が遺言をすべて自分の手(自筆)でかく ※財産目録は署名押印があれば印字でも可
2.遺言書に日付をいれる
3.遺言書に署名押印をする

署名押印のないメモのようなものや、ワープロファイルでパソコン上に残されたものは遺言とはいえないため、日付が新しくとも前の遺言を撤回することはできません。

複数遺言があり、相続手続きにお悩みの方はどうぞご相談下さい。当事務所では、戸籍収集や自筆証書遺言の検認手続きのサポートも含めた相続手続きセットプランや相続登記おまかせプランをご用意しております。遺言や遺言を用いた手続きにはいろいろなルールがあるため、遺言が残された相続手続きは相続の専門家である、司法書士におまかせ頂けるとスムーズです。

【初回60分は相談料0円】無料相談をお気軽にご利用下さい!

このサイトを運営するシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「初めてのことなどでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。
「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「遠方なので迷っている」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

お問合せフォーム

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

ご相談事例 一覧へ

シルク司法書士事務所
151-0073 東京都渋谷区笹塚2丁目1番10号 スカイプラザ笹塚505
(新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線 笹塚駅5分)事務所アクセス
電話 03-4563-8500 お問合せはこちら

-相続・遺言の疑問
-,

Copyright© シルク司法書士事務所|東京都渋谷区の女性司法書士 , 2019 All Rights Reserved.