財産分与

財産分与で夫がローンを払い妻が家に住む場合の注意点

投稿日:2017年9月25日 更新日:

離婚しても妻が今の家に住み続けるためには

夫婦は離婚するけれども、愛着のある家から離れたくない、子どもの学校のことを考えると引越をしたくない、などの理由から今の家に住み続けるという選択をされる方も多いかと思います。家は夫名義であり、住宅ローンの債務者も夫であるが、妻が住み続けたいという場合、選択肢は以下のようになります。

  1. 家を妻名義にして、ローンの債務者も妻に変更する
  2. 家を妻名義にして、ローンは夫が債務者のまま払い続ける
  3. 家の名義もローンの債務者も夫のまま、妻が住み続ける

1は権利関係としてはすっきりしており、今後元夫婦間でトラブルが生じる可能性は少ないです。しかしながら妻の収入が夫と同程度以上あるか、ローンの残高が少ないかという場合ではないと、銀行から債務者変更を了承してもらうことは難しいです。

2は浮気等で夫に離婚の原因がある場合は、妻に対する慰謝料や子に対する慰謝料に相当するものとして、ローンを負担することを選ぶことがあります。住宅ローンを組んでいる場合は、名義変更前にかならず金融機関に相談しましょう。ローンを払う債務者に変更はないからと、勝手に名義変更をしてしまうとローン契約違反となってしまい、一括請求される可能性が生じてしまいます。

3の場合、離婚後は「他人の家に住む」ということになります。妻は住む権利を確保するため、契約関係をしっかり定める必要があります。元夫婦とはいえ賃貸借契約や使用貸借契約(無償での住宅使用を認める契約)を締結するようにしましょう。

夫が今のままの経済状態とは限らない!

上記2,3のように家には住まないが夫がローンを払い続けるという選択をする場合、念頭に置かなくてはならないのは、夫の経済状態が現状維持されるとは限らないということです。そして、一緒に暮らし常に状況を把握しているわけではないので、たいてい「ローンが払えなくなった」という知らせはある日突然やってきます。

ローンの支払いが滞り、所定の回数や期間がたつとローン契約の決まりにより銀行より一括支払いを請求されてしまいます。こうなると、残りのローンを一括支払いをするか、現在住んでいるにもかかわらず家を売却するか、どちらかの選択を迫られるのです。

離婚当時は夫も責任を感じており、子どもへの愛情もあるということで「払い続ける」と約束するでしょう。しかしながら本人の意思に反して、転職やリストラ、病気やケガによる休職、再婚に伴う生活費増などローンが払えなくなる環境の変化が生じれば、どうしても支払うことが困難ということもありえるのです。

このリスクを避けるひとつの方法としては、ローンの残高を少しでも減らしておくことです。もし、実家や親族の援助や協力を仰げそうな場合は、残高を減らすためのするための資金援助や借入することも検討してみましょう。

妻が連帯保証人になっている場合は要注意

さらに気を付けなくてはならないのは、夫がローンの債務者であり、さらに妻や妻の親族が連帯保証人となっている場合です。離婚したからといって、連帯保証契約は自動的にが外れるということはありません。連帯保証から外れる契約を金融機関としない限りは、連帯保証人のままであり続けるのです。

連帯保証契約においては、債務者である夫がローンを支払えない場合、連帯保証人にすべての請求がいきます。家を売却することで、ローンが返済できればまだよいのですが、もし家を売却してもローンが残ってしまうオーバーローン状態の場合は、連帯保証人が残りのローンも支払わなくてはなりません。そして、自らの財産を処分しても残りのローンが支払えない場合は、自己破産も検討しなくてはなりません。

このように夫がローンを払い、妻が家に住むというケースではリスクや問題が多く存在します。まずは、銀行と専門家に相談したうえで、離婚協議書は公正証書で残すことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
シルク司法書士事務所 代表司法書士 <東京司法書士会第5785号 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員認定第1101063号> 明治大学卒業後、一般企業を経て2010年司法書士合格。不動産登記専門の事務所・相続専門の事務所で経験を積み、2017年渋谷区笹塚にてシルク司法書士事務所を開業。詳しい自己紹介はこちら

【初回60分は相談料0円】無料相談をお気軽にご利用下さい!

このサイトを運営するシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「相続や登記は初めてのことでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。ZOOMなどを利用したオンライン相談にも対応しています。

 「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

相続登記なら相続や不動産の登記に強いシルク司法書士事務所|東京都渋谷区 TOPへ戻る

【相続・遺言・登記】記事 一覧へ

シルク司法書士事務所の相続・登記取扱いサービス

相続登記 相続による不動産の名義変更

相続登記と銀行の相続手続き

相続放棄代行、3ヶ月超え相続放棄

贈与登記、家や土地の名義変更

遺言作成、公正証書、自筆証書

抵当権抹消、住宅ローン完済

シルク司法書士事務所 
代表司法書士 長谷川絹子(東京5785)
151-0073 東京都渋谷区笹塚2丁目1番10号 スカイプラザ笹塚505
電話 03-4563-8500 お問合せはこちら

-財産分与
-

Copyright© 相続登記なら相続や不動産の登記に強いシルク司法書士事務所|東京都渋谷区 , 2021 All Rights Reserved.