東京都渋谷区の女性司法書士事務所のシルク司法書士事務所では、相続登記・相続手続・相続放棄・遺言作成・抵当権抹消・贈与や財産分与による不動産の名義変更などご対応。引越による住所変更登記や結婚・離婚による氏名変更登記のページです。

所有不動産の住所変更・氏名変更登記

引越による住所変更登記や結婚・離婚による氏名変更登記をお願いできる司法書士をお探しの方。

シルク司法書士事務所の住所・氏名変更登記サービスは【全国対応・ご来所不要】です。電話・メール・郵送を利用して手続きできます。。住民票などは司法書士が代理取得できますので、役所や出張所に出向かなくても手続きができます。

住所変更・氏名変更登記は急ぐ必要はありませんが、タイミングを逃すとついつい放置してしまいがちです。現在、国は住所・氏名を変更した時に土地の登記を義務付ける期限・罰則付きの法改正案を検討しています。住所や氏名の変更は気づいたら直ちに手続きを進めてしまいましょう。

住所変更・氏名変更登記サービスの報酬および費用

所有者の住所・氏名変更登記 報酬9500円(税込1万450円) /変更申請1件につき

  • 管轄の異なる不動産がある場合は、管轄毎に申請を行う必要があります。
  • 土地の筆数が多い場合は、5筆以上1筆につき1000円の加算報酬を頂きます

報酬のほかにかかる実費

  • 登録免許税 1000円×不動産の個数
  • お客様や法務局とやりとりするための郵送通信費(標準はレターパックライト4通分1480円)
  • 住民票や戸籍の附票の発行手数料 300円前後(市区町村により異なる)
  • 上記証明書取得のための郵送通信費(取得1件につきレターパックライト370円×2=740円)

住所変更登記のルールと注意

【例】

①平成10年10月10日に東京都渋谷区の土地と建物を取得
 東京都渋谷区の自宅住所で所有権(所有者)の登記
②平成15年5月15日に大阪府大阪市に住所移転
③平成20年に2月20日に北海道札幌市に住所移転
④令和2年2月2日に福岡県博多市(現住所)に住所移転

1.何度か転居を繰り返していても現住所の住所移転日1回のみ登記申請すればよい

上記の例では、④の「令和2年2月2日住所移転」という1件の申請をすれば足りる仕組みです。住所を移転した数だけ、登記申請をしたり申出をする必要はありません。

2.申請は最新の住所移転分のみだが、添付書類には全ての移転履歴が求められる

申請は直近の住所移転に関するもののみ行えばよいのですが、添付する書面としては、上記の例でいえば平成10年10月10日から令和2年2月2日までの住所移転の履歴を証明する書類が必要です。

1回のみの住所移転であれば、住民票に前住所が記載されておりますが、自治体をまたぎ複数回住所移転している場合は、戸籍の附票が必要です。戸籍の附票とは、戸籍に置かれている本籍地において保管されている、住民票の住所の異動が記録されている証明書です。(戸籍の附票のサンプル画像

また住所移転が国による戸籍のコンピュータ化前のことであり、現存する戸籍の附票では記載が不足している場合は、権利証の提出や上申書などを求められることもあります。

3.共有者にも変更がある場合、変更日や住所が同一であれば1件の申請でよい

不動産を夫婦で共有名義にしており、夫婦ともに住所変更登記が必要である場合。上記の例でいえば、夫婦ともに福岡県博多市に令和2年2月2日付で住所移転していれば1件の申請でよいですが、もし妻は子の学校の都合で半年後の令和2年4月2日に福岡県博多市に住所移転したという場合は、2件の申請が必要となります。この住所移転の日付は住民票で確認します。

4.氏名変更登記がある場合は、住所変更とあわせて1件の申請でよい

上記の例で、①平成10年の購入時は婚姻前であり、②の大阪府に住所移転した後の平成16年6月6日に婚姻により氏名が変わったという場合は、「平成16年6月6日氏名変更 令和2年2月2日住所移転」と1件でまとめて申請することができます。

一方、購入時は婚姻前でカップルでの共有名義にしており、その後平成16年6月6日に婚姻(妻が氏名変更)、④の住所移転は夫婦同日であるという場合は、夫は「令和2年2月2日住所移転」という申請を、妻は「平成16年6月6日氏名変更 令和2年2月2日住所移転」という2件の申請を行う必要があります。

会社が所有者の場合

会社の登記上の所在地が変更した場合は「年月日本店移転」を理由とした住所変更登記を、会社名が変更となった場合は「年月日商号変更」を理由とした名称変更登記が必要となります

住所変更・氏名変更登記の報酬・費用事例

マンション(建物1室 敷地権化された土地1筆) 
<単有所有者の所変更登記のみで司法書士が住民票を取得>

合計 15,804円

  • 司法書士報酬 9500円
  • 登録免許税(不動産2個) 2000円
  • インターネット登記情報代(1通) 334円
  • 登記事項証明書代(1通) 500円
  • 住民票 300円
  • 郵送通信費 2220円
  • 消費税 950円 

戸建て(建物1戸 土地1筆) 
<単有所有者の住所変更および氏名変更登記で司法書士が住民票と戸籍を取得>

合計18128円

  • 司法書士報酬 9500円
  • 登録免許税(不動産2個) 2000円
  • インターネット登記情報代(2通) 668円
  • 登記事項証明書代(2通) 1000円
  • 住民票 300円
  • 戸籍謄本 750円
  • 郵送通信費 2960円
  • 消費税 950円

戸建て(建物1戸 土地3筆) 
<共有者2人で住所移転日付が違う住所変更登記>

合計 34756円

  • 司法書士報酬 19000円
  • 登録免許税(不動産4個×2件) 8000円
  • インターネット登記情報代(4通) 1336円
  • 登記事項証明書代(4通) 2000円
  • 住民票 300円
  • 郵送通信費 2220円
  • 消費税 1900円

【初回60分は相談料0円】無料相談をお気軽にご利用下さい!

このサイトを運営する東京都渋谷区のシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「相続や登記は初めてのことでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。ZOOMなどを利用したオンライン相談にも対応しています。

 「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

投稿日:2021年2月15日 更新日:

Copyright© 相続や登記に強いシルク司法書士事務所|東京都渋谷区 , 2021 All Rights Reserved.