会社設立

こんなお悩みはありませんか?まずはシルク司法書士事務所にご相談下さい。
  • 会社設立をしようと思うが自分でやろうか迷っている
  • 株式会社と個人事業主どちらがよいか迷っている
  • 株式会社と合同会社の違いがわからない
  • ひとりで起業するのでなにかと不安
  • 事業やサービスについてアドバイスやアイディアがほしい

スモールビジネスを応援します!会社設立は、ビジネス経験豊富な司法書士におまかせ下さい。

司法書士長谷川は、中小企業での管理業務、チェーン店の出店マーケティング、店舗の販売促進コンサルティング、新規コンテンツ事業の立ち上げ、ベンチャー企業の経営企画等、他の司法書士には決して負けない豊富なビジネス経験があります会社設立にあたり、お役に立てる知識や情報があれば惜しみなく提供させて頂きます。

会社設立代行サービス 報酬7万円

スモールビジネスを応援!ひとり会社割引

ひとり会社(役員1人、株主1人)の会社設立は報酬から1万円を割引、6万円で会社設立をお受けさせて頂きます。

サービスに含まれるもの

  • 会社設立に関する相談
  • 定款作成
  • 定款認証の代行
  • 登記申請書の作成
  • 登記申請書の提出
  • 履歴事項全部証明書・印鑑証明書の取得

会社設立にかかる報酬および費用

  ご自身で手続き 司法書士に依頼
司法書士報酬  なし 70,000円
公証人の定款認証手数料 約52,000円 約52,000円
定款の印紙代  40,000円  電子認証のためなし
登録免許税 150,000円 150,000円
登記事項証明書 500円(1通) 500円(1通)
印鑑証明書 450円(1通) 450円(1通)
 合計  242,950円  272,950円

その他郵送通信費(2000円~5000円)がかかります。発起人や取締役の数によっても異なるのでご依頼時にご確認ください

ご自身で手続きするのと比較して、差額3万円(ひとり会社の場合は2万円)で会社設立手続きに関するトータルサポートをうけることができます!

会社設立手続きの流れ

定款と認証

定款は、会社の目的、組織、活動に関する根本となる基本的なルールブックであり、定款の認証とは、公証人が、正当な手続きにより定款が作成されたことを証明することをいいます。株式会社の設立にあたっては、法務局へ提出する添付書類として公証人の認証をうけた定款が必要となります。

定款の作成は通常ワードファイル等のワープロソフトで作成されますが、認証にあたっては以下の2つの方法があります。
1.プリントアウトした書面の定款で認証してらう
2.PDFの電子定款を認証してもらう

1.では、公証人への手数料約5万2千円に加え4万円分の印紙代が必要となりますが、2.ではこの4万円の印紙代が不要となるためコストを抑えることができます。

ところが、電子定款認証システムの利用するにあたっては、電子証明書の申請、ICカードリーダライタ、AdobeAcrobat等の電子署名ができるソフト等が必要となり、コストを抑えるために手間と費用がかかってしまうのが実情です。

司法書士に依頼すれば、書類作成代理人として司法書士が定款に電子署名をするため、ご自身で電子証明書をを用意しなくても電子定款認証システムの利用が可能となります。

更新日:

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区 , 2018 All Rights Reserved.