相続のご相談事例

相続放棄をするのですがお墓や仏壇はどうすればよいのですか?

投稿日:

ご相談

父が亡くなりました。事業での借金が大変多く母も私たち兄弟もみな相続放棄をすることに決めました。次の相続人となる、父の兄弟も相続放棄をする予定です。相続放棄をするとすべての財産を手放す必要があると聞きましたが、長男の父が管理していたお墓や仏壇は今後どうすればよいのでしょうか?

お墓や仏壇は祭祀財産といって相続財産にはならないため、相続放棄をしても承継することができます

回答

お墓、位牌、仏壇といった故人を弔ったり先祖を祀るものは「祭祀財産」といいます。そしていわゆる「お墓や仏壇を継ぐ人」を法律では祭祀承継者といいます。祭祀財産は祭祀承継者が継ぐものと法律できまっています。祭祀財産は、相続財産とは別のあつかいとなるため、借金もプラスの財産も全て放棄しなくてはいけないという相続放棄のルールが適用されません。

では祭祀承継者は誰がなるのでしょうか?なお、祭祀承継者の決め方は、民法で3つの選択肢が用意されています。

  1. 遺言書や生前の話し合いなどによる「被相続人の指定」。
  2. 地域や宗教などの「慣習」によるもの。
  3. 決まらない場合の「家庭裁判所での定め」。

1がない場合は、選択肢外となりますが「相続人や親族での話し合い」で決めることが多いでしょう。話し合いで決まらなかった場合は3の手続きを進めることになります。2の「慣習」は現在では該当するものはとんどないようです。「長男が墓を継ぐ」というのは慣習ではなく、旧民法時代の「家督制度」による法律の定めです。

仏壇や墓を継いだ方が、相続放棄ができなくるということはありませんのでご安心ください。

参考記事
司法書士ハセガワ
相続放棄の手続きにおいては、次々と「これはどうすればよいのだろう?」といった疑問や不安がわきでてくるものです。相続放棄手続を司法書士にご依頼いただくことは書類作成などの手間から解放もありますが、このような疑問や不安もすぐ解決できるというメリットがあります。相続放棄をご検討の場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

豊富なイラストや図解でよくわかる!【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

お問合せ・ご相談はお気軽に!

相続・遺言・不動産登記全般についてわからないこと、不安なこと、お手続きの費用のこと、どんな些細なことでも構いません。お問合せには女性司法書士が迅速に、わかりやすく、丁寧にお答えさせて頂きます。下記のお問合せフォームもしくはお電話で遠慮なくお問合せ下さい。皆様からのお問合せお待ちしております。 
シルク司法書士事務所(東京都渋谷区)
認定司法書士 長谷川絹子 (東京 第5785号 認定第1101063号

詳しいプロフィールはこちら

-相続のご相談事例

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区 , 2018 All Rights Reserved.