司法書士エッセー

Vol.9 司法書士の私が40代でも遺言書を残している理由

投稿日:

みなさんは遺言を書いていますか?

いわゆる現役世代のであれば「それなりの財産があれば残すけど・・・まだ先の話では・・・」という方がほとんどではないでしょうか。

でも私はそれなりの財産もないし、40代だけど心だけは若いつもりですが、手書きの遺言を書いて法務局に保管してあります。
それは「万が一、子供が未成年のうちに自分が死んでしまうと、銀行の手続きなどをするために裁判所のお世話にならなくてはいけない」ということを知っているからです。

相続登記や預金の相続手続きをする場合は、原則、遺産分割協議書などに相続人全員のハンコを押す必要があります。
しかしながら未成年の相続人は、遺産分割協議書などにハンコが押せません。ケータイを買うときと同じで、未成年は「法定代理人」である親がハンコを押すのです。

夫が亡くなり、相続人は妻と子の2人というケースで説明します
子の法定代理人はもちろん子の親である妻です。
遺産分割協議というのは「誰がどれだけ相続するか」を決める話し合いです。
ところが、話し合いにあたって、妻は「自分と子の法定代理人という1人2役」を兼ねることはできません。
なぜなら、法律の考え方では妻と子はライバル同士だから。つまり、妻も相続人である場合は、子の法定代理人としてハンコを押せないのです。

このようなとき、裁判所に「親と子がライバルなので、遺産分割協議をするときのためだけに特別に、子の代理人を選んでください」という申立てをしなくてはいけませんこれを特別代理人といいます。特別代理人はたいてい、相続人ではない親族に報酬なしでお願いするケースが多いです。身近に候補者がない場合は、司法書士や弁護士などに報酬を払ってで依頼することに。
子どもが複数いる場合は、子どもごとに特別代理人を用意しなくてはなりません。

さらに面倒なことに、法律の考え方では、特別代理人は「夫の財産は妻にすべて」というような、難しいことがわからない未成年の子にとって不利な遺産分割を認めるべきではありません。少なくとも子の法定相続分、先の相続人2人のケースでは子に遺産の2分の1を渡してくれということになります。

実際に子に不利な遺産分割を認めないのは、特別代理人ではなく裁判所です。特別代理人の選任のおねがいをする際に、遺産分割案を資料として裁判所に出します。この案が納得いくものではないと、裁判所は特別代理人を選ぶ審判を出してくれません。子に不利な遺産分割案を認めてもらいたい場合は、裁判所を納得させる理由を提出しなくてはいけないのです。

「えー、相続人が未成年だとどうしても特別代理人を使わなきゃいけないの?何か抜け道はないの?」
抜け道ではないのですが、裁判所にお世話にならなくてすむ唯一の方法が遺言書を書くことなのです。例えば、「妻にすべての財産を相続させる」と残しておけば、未成年の子がいても裁判所のお世話にならずで手続きができるのです。
共働き家庭が増えるにつれ、お財布は別、配偶者の銀行の暗証番号なんて知らないという夫婦も増えているかと思います。未成年のお子様がいらっしゃる家庭は、お金の話になったときこの話をしてみてくださいね。

また経営者の方は自社株式も亡くなったらもちろん遺産であり、上記のような手続きの対象です。どうぞお気をつけくださいね。

法務局の自筆証書遺言保管制度申請のサポートも行っております!

 

 

The following two tabs change content below.
シルク司法書士事務所 代表司法書士 <東京司法書士会第5785号 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員認定第1101063号> 明治大学卒業後、一般企業を経て2010年司法書士合格。不動産登記専門の事務所・相続専門の事務所で経験を積み、渋谷区笹塚にて個人からの相続・登記業務のご依頼を主とするシルク司法書士事務所を開業。丁寧できめ細やかな対応がお客様の支持を受けている 詳しい自己紹介はこちら

最新記事 by 司法書士  長谷川絹子 (全て見る)

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

記事一覧へ

【初回60分は相談料0円】緊張しないで話せる司法書士です!

このサイトを運営する東京都渋谷区のシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「相続や登記は初めてのことでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。ZOOMなどを利用したオンライン相談にも対応しています。

 「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

相談予約・お問合せ

-司法書士エッセー
-,

Copyright© 相続相談・登記なら東京都渋谷区のシルク司法書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.