司法書士エッセー

Vol.2 司法書士と不動産の生前贈与

投稿日:2021年11月29日 更新日:

不動産の生前贈与は相談のみに終わり、依頼にはつながらない。(税理士・他士業紹介除く)
これは、司法書士あるあるです。

なぜかというと、「不動産の生前贈与はとにかく贈与税が高い」から。
例えば路線価で2000万円の土地を、親が成人した子に生前贈与すると585万円の贈与税が発生します。 贈与税だけではなく、不動産取得税も発生、登記申請時の登録免許税も相続より贈与は税率が高いのです。
一方、2000万の土地を相続する場合であれば、他にめぼしい財産がなければ、控除額内となりますので相続税はかかりません。不動産取得税もなく、登録免許税の税率も低い。
「不動産の承継は、日本では贈与よりも相続のほうが税金がかからない仕組み」このこと説明すると、8割~9割のお客様があきらめます。

あきらめない1~2割の人というのは、不動産の価格が安いか、夫婦間でおしどり贈与が利用できる場合か、贈与税を払ってでも贈与したい特別な事情がある人です。

相続時精算課税制度というのもありますが、これは税金を払わなくて済む仕組みではなく、今は(2,500万円までは)贈与税払わなくてよいけれど、後で相続税で払ってねという、税金を後で支払う仕組み。一方的に得な制度ではありません。

昨今、主にシニア向け週刊誌で「贈与」「改正」「相続」の文字が躍っています。

直近の改正が検討されているのは、年に110万円までなら贈与税は払わなくていいよという暦年贈与と、教育資金や住宅資金を贈与する場合の特別の控除、つまりはお金の贈与の部分のようです。不公平感のある、富裕層のお金の承継に有利な制度を見直そうという趣旨のようで。
※不動産でも暦年贈与を利用することはできますが、不動産価格が高い場合は現実的ではありません。

「いっぱい現金を贈与できないと困る!」という人は、いったい日本の人口の何%なのかしらん、と町司法書士としては思ってしまうのですが、税理士さんのお客様には少なくないのかもしれません。

さらに、不公平を是正すべく、先ほどの「日本では贈与よりも相続のほうが税金がかからない仕組み」も見直しを検討しているようです。当面先になるのでしょうが、こちらは司法書士的には朗報。
まずは「まとまった現金の贈与はお早めに」「不動産の贈与は(今は)税金が高い」ということ、親御さんなどと相続や贈与の話題になったときはご留意ください。贈与はとにかくは税金周りにご注意です。

参考記事
司法書士が耳にする相続税に関するよくある勘違い【BEST3】

続きを見る

The following two tabs change content below.
司法書士<東京第5785号 認定第1101063号> 明治大学文学部卒業。相続や登記を専門とする渋谷区笹塚シルク司法書士事務所代表。ていねいできめ細やかな対応がお客様から支持を受けている。整理収納アドバイザー1級、家庭では2児の母。詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by 司法書士  長谷川絹子 (全て見る)

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

記事一覧へ

【初回60分は相談料0円】緊張しないで話せる司法書士です!

このサイトを運営する東京都渋谷区のシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「相続や登記は初めてのことでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。ZOOMなどを利用したオンライン相談にも対応しています。

 「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

相談予約・お問合せ

-司法書士エッセー
-,

Copyright© 相続相談・登記なら東京都渋谷区のシルク司法書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.