司法書士エッセー

vol.6 司法書士と繁忙期

投稿日:

「司法書士って繁忙期はあるんですか?」

相続業務中心の司法書士事務所には、これといった繁忙期はありませんが、不動産決済中心の司法書士事務所には明確に繁忙期あります。12月末と3月末です。これは主に不動産会社や金融機関の決算期の関係で、不動産の決済日が集中するからです。(司法書士の不動産決済業務についてはこちらをご参考ください)

不動産決済の立会というのは、司法書士の資格を持ち、登録している司法書士ではないとできないルールになっております。
このルールによって起こる悩ましい問題が「決済集中日に司法書士の頭数が足りない!」ということ。

基本的に依頼をくれる不動産会社や金融機関が川上のため、司法書士は人手が足りないからといって簡単に断ることはできません。
せめていくつかの案件は時間だけはとお願いして、1人の司法書士につき1日MAX3件くらいまで立会を入れます。
それでもスケジュール的に無理が出た場合は、断るのではなく「ほかの司法書士に立会を依頼する」という方法をとります。

通称「決済ヘルプ」。事前準備や事後処理はこちらでやるので、立会だけお願い!というもの。ちょっといいお寿司屋さんの会計金額くらいの額の報酬はもらえるので、開業間もない司法書士などにはありがたい仕事だったりします。

しかしながら、司法書士の立会というのは大変重責で重要な仕事。この神聖な職務を助っ人にお願いするなんてけしからん!という業界内の意見もあったりします。
けしからんな意見もわかるのですがこれなかなか難しい問題でして、「ヘルプ決済厳禁」というような厳しいルールをひくと、集中日の頭数にあわせて司法書士を雇用できる財力のある事務所だけが不動産決済マーケットを奪取できることに。

ちなみに、その昔、昭和の時代は「補助者決済」といって、資格のない事務所員が立ち会うこともオッケーだったので、数をこなせたようです。

不動産取引の遠隔オンライン化に期待するか、司法書士がポジションアップしてスケジュールを誘導できる立場となるか・・・

ふと「報酬安くしてもよいと思うほど、お願いだから決算期を12月にしないでほしい」という先日の税理士さんの嘆きを思い出し。一般企業の決算期は12月と3月が多いのですが、つまりはその前後、税理士さんの繁忙期。繁忙期はもう手いっぱいだけど、閑散期であればまだ顧問が受けられるというわけです。

そのうち決済日によって報酬が異なる司法書士が出てくるかもしれません!?

The following two tabs change content below.
シルク司法書士事務所 代表司法書士 <東京司法書士会第5785号 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員認定第1101063号> 明治大学卒業後、一般企業を経て2010年司法書士合格。不動産登記専門の事務所・相続専門の事務所で経験を積み、渋谷区笹塚にて個人からの相続・登記業務のご依頼を主とするシルク司法書士事務所を開業。丁寧できめ細やかな対応がお客様の支持を受けている 詳しい自己紹介はこちら

最新記事 by 司法書士  長谷川絹子 (全て見る)

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

記事一覧へ

【初回60分は相談料0円】緊張しないで話せる司法書士です!

このサイトを運営する東京都渋谷区のシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「相続や登記は初めてのことでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。ZOOMなどを利用したオンライン相談にも対応しています。

 「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

相談予約・お問合せ

-司法書士エッセー
-,

Copyright© 相続相談・登記なら東京都渋谷区のシルク司法書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.