相続・遺言の疑問

遺産に上場株式がありますがどのように相続すればよいのでしょうか?

更新日:

ご相談

亡くなった父は株取引が好きでした。そのため遺産に株式が多くあります。しかし子である私や母は株取引には興味がなく、どのように遺産分割をして相続手続きをすればよいのかわかりません。

証券会社預りであれば証券会社で名義変更手続きを、電子化されていない株式は信託銀行で手続きします。

回答

株式の遺産分割については、相続発生日の1株あたりの時価を確認して銘柄毎の財産額を算出して、遺産分割を検討します。相続人2人がA社の株を2分の1ずつ相続するという場合、例えばA社の株が1000株あった場合は2人の相続人が500株ずつ相続することも可能ですし、株式を売却して現金化してから2分1ずつ相続するということもできます。

株式は昔、「株券」といって紙に印刷された株券が存在しており権利証のように自宅で保管されていることもありました。しかし2009年に上場会社の紙の株券は廃止され、電子化されました。電子化された株式は、証券会社などの口座を通じて証券保管振替機構(ほふり)に預託されています

このため、上場株式の相続手続きは預け先の証券会社で行うことになります。株式の相続手続きは、名義変更手続きです。現金化したい場合は、銀行預金と異なり払戻しという概念はないので、相続人へ名義変更してから売却することになります。通常、証券会社は四半期に1回、残高報告書を口座名義人宛に送りますので、亡くなった方の郵送物を確認すればどこの証券会社を通じて管理されているか確認することができます。郵送物が不明な場合は、証券保管振替機構(ほふり)へ、相続人の方から亡くなった方の住所・氏名で照会をかけることで、何の株をどこの証券会社に預けているか確認することができます。

なお、株券の電子化の際に、何かの事情で証券会社を通じて証券保管振替機構に預け入れをしなかった株は、その会社の株式名簿管理人をしている信託銀行の「特別口座」によって管理されています。相続発生をきっかけに最近になってタンスなどから出てきた株券は、この特別口座管理となっている可能性が高いです。この特別口座によって管理されている株式については、口座のある信託銀行へ名義変更の相続手続きをする必要があります。

株式や株取引に不慣れな方にとって、株式の相続手続きは専門用語や難解な用語が多く、わかりにくいものです。当事務所の相続手続きセットプランでは、証券会社や信託銀行への問合せや書類取り寄せ、戸籍収集・財産目録の作成・遺産分割協議書の作成・と株式の相続手続きをトータルにサポートさせて頂きます。相続人が多い相続手続きにご不安があったり、お手間を感じられた場合は、どうぞお気軽に当事務所までご相談下さい。

【初回60分は相談料0円】無料相談をお気軽にご利用下さい!

このサイトを運営するシルク司法書士事務所はJR・各線新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線笹塚駅近くにある、相続や登記を得意とする認定司法書士長谷川絹子の事務所です。(詳しい事務所紹介はこちら

「初めてのことなどでよくかわからない」「どれくらいお金がかかるか不安」「どこに相談や依頼をしようか迷っている」という方は、まずは当事務所の無料相談をお気軽にご利用頂き、ご検討頂けばと思います。
「忙しいのでなかなか時間がつくれない」「遠方なので迷っている」「司法書士に相談や依頼するべきことかわからない」という方は、どうぞ遠慮なくお電話やメールでお問合せ・ご相談下さい。

少しでも多くのお客様の「ほっ」の声が聞けるように、「思い切って問い合わせてみたよかった」と思っていただけるように、丁寧でわかりやすいことを心がけております。ご相談やお問い合わせは必ず司法書士本人が対応しますので安心してご連絡ください。

お問合せフォーム

シルク司法書士事務所 TOPへ戻る

【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ

ご相談事例 一覧へ

シルク司法書士事務所
151-0073 東京都渋谷区笹塚2丁目1番10号 スカイプラザ笹塚505
(新宿駅から1駅、京王線・都営新宿線 笹塚駅5分)事務所アクセス
電話 03-4563-8500 お問合せはこちら

-相続・遺言の疑問
-,

Copyright© シルク司法書士事務所|東京都渋谷区の女性司法書士 , 2019 All Rights Reserved.