相続放棄

相続順位と財産、相続人全員が放棄するとどうなる?

更新日:

1.私が相続放棄をするとどうなるの?

相続には順番があります。相続放棄をした場合、次の順位の相続人がいると、相続権が次の順位の相続人にうつります。例えば、夫が亡くなり、妻(配偶者)と子が相続放棄をした場合、第二順位である夫の親や祖父母(直系尊属)が生きていればその方に相続権がうつります。第二順位の相続人が存在しない場合は、第三順位である、兄弟姉妹に相続権がうつります。兄弟姉妹が亡くなっているが子がある場合はその子、つまりは甥姪に相続権がうつるわけです。

複数いる子のうち1人だけが相続放棄をした場合、相続権が次の順位にうつることはありません。子は全員相続放棄をしたが配偶者は相続放棄しない場合は、第二順位の直系尊属に相続権がうつり、直系尊属と配偶者が相続人となります。直系尊属がいない場合は、第三順位の兄弟姉妹(もしくは甥姪)と配偶者が相続人です。

なお配偶者はどの順位でも相続人ですが、相続放棄をする場合は1回すれば足ります。順位がうつる毎に放棄の手続きをする必要はありません。

2.相続放棄をする場合は、次の順位の相続人に連絡するべき?

相続放棄の手続きでよく質問されるのが「配偶者と子がすべて相続放棄をする場合で第二順位の相続人がいない場合、第三順位にあたる兄弟姉妹(おじ・おば)や甥姪に連絡したほうががよいのか?」ということです。

相続放棄は「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」にする必要があります。このため前順位の相続人が相続放棄をした場合は、「前順位の相続人が相続放棄をしたことを知った日から3ヶ月以内」にすればよいのです。

これは、前順位の相続人が次順位の相続人に相続放棄をしたことを伝えない限りは、熟慮期間3ヶ月の起算はされないということになります。

前順位の相続人が相続放棄をしたことを知らせない場合、次順位の相続人はたいてい債権者(貸金業者や役所等)から借金や滞納した税金の催促の通知(書面)が届いて初めて知ることになります。この通知が届いた日から熟慮期間の3ヶ月は始まります。

ちなみに、債権者が借金や税金の回収のために相続人調査を必ずするかというと、そうではありません。調査や連絡の手間と、回収できる金額とを考慮してあきらめることもあります。つまり催促の通知が届かないこともあるのです。

このような実情をふまえ、先ほどの質問の答えとしては「親しい親族には必ず相続放棄をしたことを伝える」というのがよいかと考えます。亡くなった方の通夜や葬儀に参列してくれたり弔電を送ってくれたような親族には、相続放棄手続きをすると決めた段階で伝えたほうが、のちの親族関係にしこりを残さないでしょう。「自分が相続放棄をすることにより、お世話になっている親族に迷惑をかける」という思いが強い場合は、次順位の相続人の相続放棄にかかる費用を負担する方もいらっしゃいます。

一方、疎遠になっている親族や会ったこともないような親族であれば伝えないという選択もあります。相続放棄をしたことを知らせてしまったら今すぐ相続放棄の手続きを進める必要があるからです。しかしながら知らせていなければ通知がきてから、はじめて相続放棄の手続きをすればよいのです。「知らぬが仏」という言葉がありますが、通知が来ることがなく、知らないままでいられるならばそのままのほうがよいのでは、という選択です。

3.相続人全員が相続放棄をするとどうなる?

第三順位の相続人も全員相続放棄をするとどうなるのでしょう?これは「相続人が誰もいない」状態となります。相続人がいない場合、相続財産はどうなるのでしょうか。

借金のみで、プラスの財産がない場合は、債権者(貸金業者や役所)が債権回収をあきらめることになり終了です。

一方、プラスの財産がある場合はどうでしょうか?これは相続財産管理人制度を利用して、債権者が債権回収をすることになります。相続人が誰もいないことを理由に、亡くなった人の相続財産を管理する相続財産管理人を裁判所に選んでもらい(地元の弁護士が選ばれることが多いようです)、その相続財産管理人が相続財産を調査の上、必要ならば換価(売却)をして債権者等に返していくのです。借金等を清算してもまだプラスの財産が残る場合は、国に回収されることになります。

なお、プラスの財産があれば、必ず相続財産管理人の制度が利用されるというわけではありません。相続財産管理人の選んでもらう申立には「予納金」といって、これからの相続財産管理人の費用や報酬にあたるお金をある程度、申し立てる人が立替のようなかたちで支払う必要があるのです。予納金は相続財産の管理がおわれば清算されます。

この予納金は裁判所や案件により金額に幅があり、数十万~百万円程度となることが多いようです。また相続財産管理人の制度は、多くの手順を踏んでいく必要があるため、最終的に債権者がお金を回収できるまでに1~2年かかるともあります。このことから、プラスの財産が残っていたとしても、相続財産管理人を立てることによって回収できるお金と、相続財産管理人を選任することによる手間を考慮して、債権者などの利害関係人が相続財産管理人を立てないこともあるのです。

4.相続放棄をしたらもう責任はない?

借金等を理由にした相続放棄の場合、相続放棄をすればその旨を債権者に伝えれば、債務(借金)から解放され終わりとなります。しかしながら、価値のない空き家や山林といった不(負)動産を理由とした相続放棄の場合は、実は解放されるとはいいがたいのです。これは、民法に以下のような条文が設けられているためです。

民法 第九百四十条 相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

全員が相続放棄をしたとしても、最後に相続放棄をした人は、相続財産管理人が立てられるまで相続財産の管理を継続しなくてはならないということになります。とはいえ、前項のとおり、多額の予納金を持ち出して、財産価値のない不動産のために相続財産管理人を立てるのも現実的ではない話です。

「管理したくないから相続放棄をしたいのに!」と驚かれる方もいることでしょう。相続人全員が相続放棄をした空き家の管理責任については今まで事例がほとんどないようで、民法に定められているけれど、どのような状態でどこまで責任があるのかは明確にされていないのが実情です。空き家問題とともに、国による法整備が早急に求められる事項といえるでしょう。

相続放棄にくわしい女性司法書士がスピーディーに手続き、安心のサポート!

相続放棄は司法書士にご相談ください!

  • 音信不通だった父の死を、借金や税金の催促により知った
  • 父には事業の借金があるため兄弟全員で相続放棄することを決めている
  • 会ったことがないおじの相続人といわれたが自分たちはかかわりたくない
  • 親族から突然「私たちは相続放棄をしたからあなたたちが相続人となる」と知らされた

相続放棄の手続きをする間は、「本当にこれでよいのか?」「これをしてよいのか?」「これはどうずればよいのか?」と日々様々な疑問や不安が生じるものです。相続放棄の手続きを専門家である司法書士に依頼すると、悩みや疑問をすぐ相談することができるため、相続放棄が認められるまでの期間を、おひとりで手続きするよりも心穏やかに過ごすことができるかと思います。

シルク司法書士事務所の相続放棄代行サービスは全国対応、リーズナブルな料金でスピーディな手続きを実現します。お手続き中のご不安やお悩みも女性司法書士が丁寧にサポート。また、ご兄弟・相続人全員で相続放棄をするというようなケースでご利用いただける「複数割引」をご用意しております。

相続放棄のチャンスは一度きりです。相続放棄が裁判所に認められなかった場合はやり直しができません。また、うっかり相続手続きなどを進めてしまったり、亡くなった方のものを処分してしまうと、「相続することを承認している」行為とされ相続放棄が認められない可能性があるため注意しなくてはいけません。相続放棄の手続きはご自身でも行うことはできますが、このような理由から、相続放棄などについてトータルに相談できる司法書士などの専門家に依頼したほうが確実で安心です。

相続放棄の期限は相続発生を知ってから3ヶ月です。裁判所に提出しなくてはいけない戸籍の収集に時間がかかることもありますので、ご相談はお早めにされることをおすすめします。

兄弟全員・相続人全員の相続放棄おまかせください!

シルク司法書士事務所の相続放棄代行サービスはこちら

 

豊富なイラストや図解でよくわかる!【相続・遺言・不動産】お役立ち情報 一覧へ戻る

お問合せ・ご相談はお気軽に!

相続・遺言・不動産登記全般についてわからないこと、不安なこと、お手続きの費用のこと、どんな些細なことでも構いません。お問合せには女性司法書士が迅速に、わかりやすく、丁寧にお答えさせて頂きます。下記のお問合せフォームもしくはお電話で遠慮なくお問合せ下さい。
シルク司法書士事務所(東京都渋谷区)
認定司法書士 長谷川絹子 (東京 第5785号 認定第1101063号

詳しいプロフィールはこちら

お問合せ・ご相談はコチラから!

-相続放棄
-

Copyright© シルク司法書士事務所|渋谷区 , 2018 All Rights Reserved.